千代田区 御茶ノ水 神田 小川町の心療内科・精神科 駿河台こころのクリニック ロック喫茶のお知らせ

03-3257-5678
ロック喫茶のお知らせ

駿河台こころのクリニックのブログ

ロック喫茶のお知らせ

2018年09月26日

こんにちは。

今日はまたロックのイベントのご案内です。

JAZZ OLYMPUS! 第16回ロック喫茶変身イベント
日時:10月20日 (土)13時~(開場12時)
場所:千代田区神田小川町 ジャズ喫茶 JAZZ OLYMPUS!
URL:www7.plala.or.jp/JAZZ-OLYMPUS
申込:JAZZ OLYMPUS!のHPからメール予約

年に4回、当院から歩いてすぐ神田小川町のジャズ喫茶の名店JAZZ OLYMPUS!さんでロックのレコードを聴くというイベントをやっています。第7回から、私がレコードの選盤と提供をしており、今回で10回目です。ロックのオリジナル盤を大迫力で楽しめます。

今回はこの8枚です。

  1. Steely Dan/ The Royal Scam US ABC ジャジーでクール。
  2. Nick Drake/ Five Leaves Left UK Island ボーカルとアコースティックギターがメインの儚くて切ないフォークロック。
  3. Captain Beyond/ Captain Beyond US Capricorn ボーカル、ギターのリフ、ドラム、全てカッコいい。
  4. Foreigner/ 4 UK Atlantic 1980年代に大ヒット。ショートケーキに練乳をかけたような甘~い曲。
  5. Stone The Crows/ Ode To John Law UK Polydor Janis Joplinに似た女性ボーカルのブルースロック。
  6. Rainbow/ Long Live Rock ‘N’ Roll UK Polydor Deep PurpleのRitchie Blackmoreが結成したハードロックバンド。疲れが吹っ飛びます。
  7. Terry Reid/ Bang, Bang You’re Terry Reid US Epic Led Zeppelinから声がかかった程のボーカリスト。切り裂くようなハイトーンボイス。
  8. Santana/ Santana UK CBS ラテンロックの神様のファーストアルバム。

是非ご参加ください。

☆変な曲がかかると首をかしげます☆

暑中お見舞い申し上げます

2018年08月03日

こんにちは。

たいへんご無沙汰しております。

暑中お見舞い申し上げます。

夏ってこんなに暑かったですかね?

小学生の頃、毎年夏休みになると祖父母の家に行くのが楽しみでした。山や川など自然が豊かなところで、川で魚を獲ったり、泳いだり、カブトムシやトンボなどを捕まえたり。みんな、ランニングシャツに半ズボン、サンダル履いて、麦わら帽子をかぶって駆け回っていましたが、熱中症で倒れる子供はいなかったように思います。

来院される方で、猛暑の中走り回っておられる営業マンもたくさんおられます。くれぐれも熱中症には気をつけてください。

 

さて、うちのワンコが4歳になりました。

☆これからもよろしく☆

 

 

 

やっぱり音楽って素晴らしい

2018年05月18日

今日はまたロックのイベントのご案内です。

こんにちは。

こころの問題を抱えているかどうかに関わらず、「気分転換」はとても大切です。私は、診察の時に「気分転換はできていますか?」とたずねるようにしています。

先日、ある方に「気分転換は大切ですよ」と話し診察を終えました。その後、その方は待合室に置いてある音楽の本(当院は待合室には音楽関係の本ばかりおいています)をご覧になり、「昔KISSやQueenをよく聴いていたなぁ」と思い出されたそうです。そして、早速家でKISSなどのCDを引っ張り出して聴きはじめました。職場でも休憩時間にロックを聴くようになり、元気を取り戻し、その次の診察で終診となりました。

KISS/ Destroyer(邦題「地獄の軍団」)

私が何か素晴らしい精神療法をした訳でもなく、薬でもなく、昔よく聴いていた音楽を聴くことだけで回復しました。

音楽ってほんとに素晴らしいですね!

 

さて、またロックのイベントのご案内です。

JAZZ OLYMPUS! 第14回ロック喫茶変身イベント
日時:6月2日 (土)13時~(開場12時半)
場所:千代田区神田小川町 ジャズ喫茶 JAZZ OLYMPUS!
URL:www7.plala.or.jp/JAZZ-OLYMPUS
申込:JAZZ OLYMPUS!のHPからメール予約

当院から歩いてすぐ神田小川町のジャズ喫茶の名店JAZZ OLYMPUS!さんでロックのレコードを聴くというイベントをやっています。第7回から、私がレコードの選盤と提供をしています。素晴らしいオーディオ装置でロックのオリジナル盤を楽しめます。多分、誰よりも私自身が一番楽しんでいると思います。

これまでは、いろいろなグループを選んでいましたが、今回はFREEというグループとそのギタリストのPaul Kossoffのアルバムだけをかける予定です。

高校時代、ロックが好きな同級生に教えてもらって以来、いまだに聴き続けているグループです。デビューは1968年、今年でちょうどデビュー50年になります。ブルース・ロックというブルースの渋さを感じさせるロックです。特に、「泣きのギター」と呼ばれる魂の叫び、うめきのようなギターが大好きです。彼は、「ギターの神様」と言われたEric ClaptonやPeter Greenのようにギターが弾けないことにコンプレックスを感じていたことなどが理由なのか、薬物依存症となり25歳の若さでこの世を去りました。とても繊細な人だったのだと思います。

以下、今回のラインナップです。

Tons Of Sobs UK Island

Free UK Island

Fire And Water UK Island

Highway UK Island

Free Live! UK Island

Free At Last UK Island

Heartbreaker UK Island

Paul Kossoff/ Back Street Crawler UK Island

是非ご参加ください。

☆この夏は短くカットしようかな~☆

 

12...41