千代田区 御茶ノ水 神田 小川町の心療内科・精神科 駿河台こころのクリニック 自分を変えるきっかけ

03-3257-5678
自分を変えるきっかけ

駿河台こころのクリニックのブログ

自分を変えるきっかけ

2015年02月04日

こんにちは。
何かうまくいかない、いつも同じ失敗をしてしまう、誰かに受け入れられない・・・そんなことがあると、自分に嫌気がさし、自分を変えたいと思うものです。ところが、ほとんどの人は、幼少期からのいろいろな経験などをもとに、信念(思い込み、考え方のルール)が作られ、自分自身の思考や行動のパターンがしっかり身についています。そして、パターンが変わることや変えることに不安・抵抗を感じます。

「アルコール依存症」というこころの病があります。この病は、「底つき」と「スリップ」を繰り返すと言われています。底つきとは、断酒のきっかけになるような痛い目にあうということです。そして、スリップとはそれまで酒をやめていたのに再飲酒することです。つまり、何か痛い目にあって断酒の決心をしたものの、しばらくして再び飲酒をはじめ、また何かをきっかけに断酒する、これを繰り返すというものです。

アルコール依存症の治療の第一歩は、自分が「問題飲酒をしている(酒で問題を起こしている)ことに気づく」ことです。それに気づけても、「やめられる訳がない、人づき合いには欠かせない」などと言い訳や開き直りをして、なかなか「酒をやめる決心」にまで至りません。
そこで、「酒をやめる」つまり「それまでの自分を変えていく」決心をするきっかけになるのが、「底つき体験」です。

いろいろな「底つき体験」があります。
これ以上飲むと死んでしまうぞと医師に宣告される、居酒屋で飲んだ帰りに交通事故にあう、夜深酒をして遅刻を繰り返し会社をクビになる、酒を飲んで暴れ警察沙汰となる、酒中心の生活となり家族離散する・・・

一般に、「酒がやめられないのは、意志が弱いだけだ」と思われがちですが、そうではありません。
誰でも、生活の中でストレスを感じます。そして、旅行に行く、読書する、友人に相談するなどストレスの解消をしてバランスをとっています。それと同じように、ストレス解消のための飲酒から依存症に発展するケースも少なくありません。また、酒が飲める体質の方であれば、その人の意志や人間性とは無関係に、誰でもアルコール依存症になり得るからです。

生真面目でストレスを真正面から受けながら働き、一方で趣味といった趣味もなく家に帰って酒を飲むだけ・・・そのような人を見るたび、どうにかしてもっとスマートに生きて欲しいと思ってしまいます。

上手に無駄なく生きられれば良いのですが、誰でも辛い経験をしないと自分を変えようと決心したり、それを実行したりできないものです。そして、気がついた時には、取り返しのつかない状況になっていることも多いのです。

「酒はやめたけど、何もかも失った」・・・そうなる前に、早めにご相談ください。

ほねガムがお気に入り
ほねガムがお気に入り

「良い子」は良いこと?

2015年02月02日

こんにちは。
このところ、耳を疑うような事件や犯罪についての報道が後を絶ちません。そして、未成年者が関係したものも少なくありません。かつての同級生や、近所の方がインタビューで、「あまり目立たないおとなしいタイプだった」「いつも挨拶をしてくれる、良い子でした」と答えています。
今日は、この「良い子」について考えてみます。

まず、「良い子である」とは自分自身の評価ではなく、他者からの評価によるものだということです。親の立場で我が子をみた時に、「親の言うことをよくきく」「文句やわがままを言わない」「家の手伝いをしてくれる」「学校の成績が良い」と、「良い子」だと思うでしょう。
私は、「良い子」という言葉を聞くたびに、「良い子を演じなければならなかった、良い子にしている必要があった」のではないかと心配してしまいます。

子供は、生まれてから(少なくとも独立するまでは)食事ひとつにしても親に依存してあるいは支配されて生きています。ですから、子供にとって親に認めてもらうこと、良い評価を受けることは、とても大切なことです。
単に躾が厳しいだけでなく、特にDVもある、両親の喧嘩が絶えない、親がアルコール依存症などを抱え経済的、情緒的に不安定であるなど、いわゆる機能不全家庭のなかで育つと、「良い子にしなければ」という気持ちはより強いものになるでしょう。つまり、どんな家庭であれその家庭の「良い子」の評価基準に自分を当てはめ、そこで生きていく方法を身につけようとします。
その結果、常に人目を気にしたり、自分の感情を抑えて人の言いなりになったり、おとなしく、自己表現が苦手になったり、自己主張のために何らかの事件などを起こすなどさまざまなタイプに成長していきます。これらは、「アダルトチルドレン」と呼ばれます。
先ほど、機能不全家庭の極端な例をあげましたが、冷え切った家庭、不安定な親を子供が支えなければならない状況など、一見表立った問題がなさそうにみえる家庭でも、子供は敏感にその環境に適応する方法を探しています。

「良い子」に疲れ果て、当院など心療内科を受診される方も少なくありません。「三つ子の魂百まで」といいます。幼い頃に身についた思考や自己表現のパターンを変えていくのはたいへんなことです。しかし是非、「良い子」であることを捨て、親の期待や評価ではなく自分のための価値観、「自分らしさ」を取り戻して欲しいと思います。

「良い子」にみえますが、毎日いたずらばかりしています。
「良い子」にみえますが、毎日いたずらばかりしています。

寝酒がよいか睡眠薬がよいか・・・

2015年01月28日

こんばんは。
みなさんは、夜はよく眠れているでしょうか?また、眠れない時はどうしたら良いでしょうか?
眠れないからといって飲酒、いわゆる寝酒をする方がいます。そして、「睡眠薬なんて体に良くない。癖になってやめられなくなる。」という方は少なくありません。
眠れないとき、アルコールと睡眠薬、どちらが良いのでしょうか?

不眠には、寝つきが悪い(入眠困難)、途中で目が醒める(中途覚醒)、起きようと思う時間より早く目が覚める(早朝覚醒)、ぐっすり寝た気がしない(熟眠障害)などのタイプがあります。
睡眠薬は、不眠のタイプによって使い分けます。例えば、寝つきが悪いけど、寝ついた後は朝まで眠れる方には、効き目の時間(薬の半減期)が短い薬を使用します。眠気を催すような安定剤(抗不安薬、抗うつ剤など)を睡眠薬として使用する場合もあります。

そこで気になるのは副作用です。主なものとして、翌朝の眠気(持ち越し)、ふらつき、口の渇き、寝ぼけ、急に使用をやめたときの不眠(反跳性不眠)などです。副作用の出方は、人によって異なります。他の病気などで体調が悪い方、ご年配の方などは、慎重に使用する必要があります。
ある程度継続して睡眠薬を使用した場合、依存が形成される場合があります。これは、反跳性不眠や薬の効き目が悪くなり量が増えていく(耐性ができる)ことを指します。この依存性のために、睡眠薬が悪者にされています。
もし依存が形成された場合、薬を急にやめるのではなく、例えば1錠飲んでいる場合はまず半分にしてみるなど徐々に少なくしていくことで、睡眠薬をやめることが可能です。耐性ができた場合は、抗うつ剤など依存性が少ない安定剤を使用することで、睡眠薬の量が増えていくのを抑えることが可能です。

では、アルコールはどうでしょう。
アルコールは、冠婚葬祭さまざまな集まりで振る舞われ、人付き合いには欠かせない身近なものというイメージがあります。しかし、アルコールでは質の悪い睡眠しか得られず、量のコントロールが困難になっていきます。そして、アルコール依存症、肝・膵疾患、心疾患、認知症など全身の臓器障害など数多くの健康問題に発展する可能性があります。(当院HPの「アルコール依存症」の項をご覧ください)

最近、「処方薬依存」が問題となっており、睡眠薬やその他の安定剤の適正使用につとめる必要があります。適正使用するという約束のもとで、「不眠」だけが治療のターゲットであれば、アルコールではなく睡眠薬を選択すべきです。また、依存性あるいは「依存症」を心配しなければならない場合は、睡眠薬よりも依存性の少ない安定剤を用いる方が良いでしょう。

もっとも、アルコールか睡眠薬かを論じる前に、何故眠れないのかについてしっかり見直してみる必要があります。ずっと抱えている悩みが原因で不眠になっているのであれば、その問題に取り組まなければなりません。あるいは、うつ病になっているのかも知れません。アルコールや薬物といった物質的なことではなく、抱えている問題が慢性化していることが依存症の原因になっていることがあるからです。

睡眠は、こころの穏やかさを知るのに最も簡単な方法の1つです。
眠れない日が続くようであれば、是非ご相談ください。

時々寝言を言っています。 いったい、どんな夢をみているのでしょう・・・
時々寝言を言っています。
いったい、どんな夢をみているのでしょう・・・
1...4445